猫のおやつおすすめ【とろける魅惑の食感】猫はもうあなたの虜

この記事を書いた人
toraco@猫健康管理士

19年共にした愛犬を亡くしペットロスに→数年後、ほぼ勢いで保護猫の里親となる→犬と猫じゃ大違い!ということを痛感し、泣くほど悩んでいた時にあるブログに出会い救われる→私も泣くほど悩んでいる猫好きさんの支えになりたい!→猫健康管理士が猫目線で猫好きさんのお悩みに向き合うブログ開設「プロフィールはこちら

toraco@猫健康管理士をフォローする
おやつ

こんにちは、toracoです。

 

2020年2月、保護猫だった幸虎の母ちゃんになりました。

猫エイズキャリアの幸虎ですが、発症もなく健康体。

唯一お医者さんに注意されるのが中性脂肪という…麗しきオッサン猫です。

いやもう、お腹がね…–;

 

 

さて、先日SNSでこんな質問をいただきました。

 

猫ともっと仲良くなりたい人

  • 猫ともっと仲良くなるためにおやつをあげたいけど、毎日あげられるおやつはないかな?
  • 成分やカロリーも気になるけど、本当に安心?
  • 実際に使ってる人の口コミも聞いてみたいな

 

そんな方に、猫のおやつの中でもとてもおすすめの「にゃろみ」をご紹介します。

この記事では

  • 猫におやつを与え始めたきっかけ
  • 「ちゅーる」は避けたい理由
  • 「にゃろみ」購入の決め手
  • 実際に与え始めてからの変化
  • 「にゃろみ」の口コミ

についてお話しします。

 

猫とのスキンシップを大切に思う、猫愛溢れるあなたへ。

この記事が、毎日のおやつ選びのご参考になれれば嬉しいです。

 

猫のおやつは不要、それでも与えるワケ

そもそも、猫におやつをあげる必要はあるのでしょうか?

答えはNO本来なら不要です。

 

野生の猫科の動物だって、おやつとして草食動物を襲って食べたりしませんよね?

生きていくために必要な栄養補給ができれば、それ以上無駄な狩はしないのが自然のルール。

ペットとして人間と暮らすようになった猫も、総合栄養食といわれる食餌を与えることで生きていくために必要な栄養は十分摂ることができます。

だから猫に食餌以外の間食は必要ないのです。

 

私も幸虎を迎えた当初、おやつは一切与えないつもりでした。

食餌は総合栄養食にしていたし、元々飼い猫だった幸虎は人馴れも完璧にできいたのでおやつを使う必要もなかったんです。

 

猫が懐かない理由は意外と単純

猫が懐かないと悩む方へ朗報!猫が懐かない理由や対処法、人懐っこい猫の育て方など

猫におやつ きっかけは猫の風邪

そんな私がなぜ、おやつを与えるようになったのか?

最初は、幸虎に苦手な粉薬を飲ませるために仕方なくでした。

 

少し風邪のような症状があったので動物病院へ行き

獣医さんA

無臭だし甘いお薬なので、このまま与えても舐めてくれるはずですよ

と言われて処方された粉薬。

なのに幸虎は、ひと嗅ぎもひと舐めもしてくれません。

 

話が違う…と悩んだ挙句、動物病院に相談したところ

獣医さんA

おやつに混ぜてみるといいですよ〜

とのこと…。

ま、そんなこと誰でも簡単に思いつくんでしょうけど、当時の無知だった私には薬をおやつに混ぜるなんて!思いつきもしなかったんです。

 

猫におやつを与える喜び

んー、おやつはあまりあげたくないんだけどなぁ…

と多少の抵抗はあったものの、薬を飲ませるためには仕方ありません。

 

初めてあの有名な「ちゅーる」を購入し粉薬を混ぜて与えたところ、幸虎がなんともいえない恍惚の表情で舐め始めたではありませんか!

 

薬の投与は数日間続き、その期間で幸虎はすっかりおやつの味をしめました。

そして、それと同時に私自身も幸虎におやつを与える喜びを知ってしまったというわけです。

 

猫のおやつ 「ちゅーる」に抵抗がある理由

とはいえ、やっぱりおやつには抵抗がありました。

おやつに…というよりも、実は「ちゅーる」に抵抗があったんです。

 

その理由は、「ちゅーる」に含まれる塩分。

幸虎を譲渡してくださった保護施設の方からも

ちゅーるは塩分が多いので避けたほうがいいですよ

と言われていました。

 

この「ちゅーる」の塩分というのは、実は添加物のこと。

「ちゅーる」の原材料に記載されている増粘剤(加工でん粉)増粘多糖類調味料(アミノ酸等)は全て添加物です。

人間の調味料でいうところの「味の素」が代表的な添加物ですね。

添加物には、摂りすぎることで中毒性や健康被害が現れることがあるのは皆さんもご存知かと思います。

 

その上「ちゅーる」には、着色料である紅麹色素が含まれています。

紅麹色素は安全性の高い着色料ではありますが、わざわざ猫のおやつに使う必要はないんですよね。

だって猫は、あまり色を識別できないのですから。

猫のことを考えたおやつというよりも、おやつを与える人間の目を意識して作っているように思えてしまうのは私だけでしょうか?

 

調味料・穀物不使用の「Pureちゅーる」も発売されており、こちらは無着色で添加物もグッと少なくなっているようですが、無添加というわけではありません

 

これらのことから、個人的に「ちゅーる」は毎日与えるおやつとしては不採用という結果になったのです。

 

猫のおやつ 毎日あげられるおすすめはコレだ!

猫のおやつで毎日あげられる私のおすすめは、ウィズユーキャットの「にゃろみ」です。

 

出会いは、動物病院でもらってきたPEPPYのカタログ

おやつ以上にフード選びに迷っていたときに、そのカタログからキャットフードの試供品セットを購入しました。

そのおまけについていたのが「にゃろみ」だったのです。

 

まぐろ・かつお・ささみの3つの味で、ゆるカワなパッケージもいい感じ。

 

早速原材料を調べて安心した上で幸虎に与えてみた結果、コレなら毎日与えられる!って思ったんです。

その理由は……ん?「にゃろみのうた」なんてあるんですね。

 

では、続きは歌の後で♪

 

 

猫におやつ 安心して与えたいなら●●かつ●●●に限る理由

毎日あたえる猫のおやつは「国産」かつ「無添加」に限ります!

国産は輸入品と比べて、やはり新鮮さが違いますよね。

 

「にゃろみ」のこだわりは、原材料から製造そして袋詰めまで全てが国産ということ。

 

「にゃろみ」に防腐剤が入っていなくても大丈夫なのは、原材料のお肉お魚お米乳酸菌すべてが国産だからこそです。

合成保存料・着色料・人工香料も使っていない上に、無添加!

増粘剤や増粘多糖類のような食品に粘りやトロミをつける添加物が含まれていないので、猫にとって魅惑のトロトロ食感に仕上がっているのです。

 

もちろん猫の水分補給としても役立ち、あの「乳酸菌FK-23」を配合。

毎日与えることで強力なパワーで善玉菌を増やしてくれるので、猫のお腹の健康ケアにも一役買ってくれるというわけですね。

 

猫さんのこと、サクッと学んでみませんか?

【徹底調査】猫に特化した7つの資格と3つの検定一覧|あなたの猫愛は「知識」になる!

猫のおやつタイム「にゃろみ」で仲良し度UP!

ということで、我が家の猫用おやつは「にゃろみ」に決定!

そして毎日1本「にゃろみ」を与えるようになってから、幸虎と私の関係性に嬉しい変化が現れたのです。

 

されるがまま 〜自我のない猫〜

「にゃろみ」を与え始める前、幸虎は自我のない猫でした。

元々人馴れしている子でしたので懐かなくて困るということはなかったのですが、我が家にきてから1ヶ月経ってもイマイチ借りてきた猫感が否めなず…。

何をしても怒らないし、ついご飯の時間を忘れてしまっても気付いてくれるまで黙って耐えていたり…。

 

北海道在住 幸虎さん(当時4歳)変化前

「あの…ボク、ここにいてもいいんですか?」
「また違う場所に連れていかれるんでしょうか?」
「いい子にします、ワガママ言いません。どうかずっとここに置いてもらえませんか?」

もっと自分をアピールしたらいいのにって思うくらい、大人しく聞き分けの良すぎる子だったんです。

 

毎日の「にゃろみ」で自我発動!

毎日「にゃろみ」を与えるようになると、幸虎にこんな変化が!

 

北海道在住 幸虎さん(当時4歳)の変化

  • 可愛さあまってしつこくすると、すげー文句言う(ホントずっと言う)
  • ご飯の10分前には「腹減った」と騒ぎ始める(腹時計10分遅らしたろか?)
  • 私の都合も考えず膝にズカズカ乗ってきて退けない(放っておくと永遠に退けない)
  • 夜中ふと目が覚めると、私のおデコをザリザリ舐めまくっている(愛情表現?それとも日頃の恨み?)
  • ついブログに夢中になっていると「いい加減やめれ!」と私の老眼鏡をはずしにかかってくる(私の弱点を知ってやがる)

などなど…。

 

あんなに遠慮がちだった幸虎がこんなふうに自分をアピールするようになったのは、完全に私に心を開いてくれた証拠。

毎日の「にゃろみ」がなかったら、ここまでなるのにもう少し時間がかかったはずです。

 

猫と仲良くなるために、毎日のおやつタイムがあるのとないのとでは全然違いますよ

そのおやつが毎日与えても安心な「にゃろみ」なら、さらに最強です!

 

おすすめ猫のおやつ「にゃろみ」の口コミ

猫ともっと仲良くなれる以外にも、「にゃろみ」には嬉しい口コミがたくさんあります。

その一部をご紹介しますね。

  • 便秘気味だったのでヨーグルトを与えていましたがあまり改善されず、「にゃろみ」にしてから快腸快便!よかったです。
  • 他のスティックタイプのおやつでは塩分が気になるので、同じタイプで成分の良いものを探していて「にゃろみ」にたどり着きました

 

  • 他のチューブ型おやつは成分が心配なものばかり。「にゃろみ」は安心だし、何よりも乳酸菌が嬉しい!カロリーも低いし水分補給にもなり、いいことずくしですね。
  • うちの子、ふたを開けようとするだけで飛んできます。「にゃろみ」を切らすとご機嫌斜めです
  • 体に悪い成分は入っていないし、乳酸菌が取れるので少しお高いですが猫たちの健康のためには「にゃろみ」が一番です。

 

総合評価はとても高く、悪い評価はゼロ!

 

「少しお高い」って口コミがありましたが、強いて言えばそれがデメリットと感じる方も多いかもしれませんね。

国産にこだわっていたり原材料が良いからこそのお値段ですが、確かに1本約100円くらいなので少々高く感じるかもしれません。

 

でも考えてみてください。

あなた自身のおやつにかけるお金は、1日おいくらくらいですか?

 

「おやつなんて食べないし、ほぼ0円ですけど?」

って声も聞こえてきそうですが、おやつ=嗜好品と考えるとどうでしょう?

 

タバコ、お酒、コーヒーや紅茶など口にするもののほかに、交際費や趣味で使う道具やコレクションなど、人間には生きていく上で絶対に必要とは言えないものにお金をかけることたくさんありますよね?

それに比べたら「にゃろみ」は、1日たったの100円です。

それでもデメリットですか?

 

しかもまとめ買いするほど1本のお値段は安くなるので、私は75本入り(税込6,600円/1本当り88円)を2ヶ月ごとに定期購入しています。

ウィズユーキャット にゃろみ 3種セット・75本(ささみ・かつお・まぐろ各25本)

 

 

「にゃろみ」幸虎の、こんなに美味しそうな至福の表情を見せてくれます。

私は今後も「にゃろみ」をずっと続けて行きたいです。

 

PEPPYに無料会員登録で、あの「にゃろみ」が定期購入できる!

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

まとめ

猫ともっと仲良くなりたいあなたへ

私が「にゃろみ」をおすすめする理由は次の通りです。

  • 100%国産、無添加、低カロリー
  • 毎日のおやつタイムでスキンシップすれば、今よりもっと仲良くなれちゃう
  • 猫の体に良くないものは入ってないから、毎日与えても安心
  • 猫の健康を第一に考える飼い主さんたちの多くに選ばれている

さぁ、あなたもトロトロ食感の「にゃろみ」で、どんな猫もあなたにトリコな猫モテさんになっちゃいましょう!

toraco
toraco

毎日のおやつだからこそ、健康にいいものだけが入った「にゃろみ」に決定!

 

幸虎
幸虎

「にゃろみ」でずっと健康にゃ!

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうにゃ〜

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました